MENU

薬剤師の転職は難しい?

薬剤師の仕事先を変えたい、もっと良い条件のところに移りたいという希望する人は多いです。
仕事のやりがいと勤務条件をともにみたしてくれる転職先を見つけるには、注意するポイントがいくつかあります。

 

情報量が多いか?
求人数は多ければ多いほど、条件も多彩になるので自分の細かな希望に沿った勤務先が見つけやすくなります。医療機関や企業とパイプが強い薬剤師専門の求人サイトは外せません。

 

情報の入れ替え
求人はいいものであれば早くに応募を締めきってしまいます。また、調剤薬局では頻繁に人を募集することは少なく、一度働いた人は長く続けるのが一般的です。新規求人案内が頻繁に更新されているサイトはそれだけ、きちんと運営されている証なので、優良サイトです。

 

非公開求人こそが狙い目
希望する職種が調剤薬局、MR、,病院、ドラッグストア、どの形態でも非公開の求人は好条件のものが多いです。どれだけ数多く非公開求人にアプローチできるか?コレが成功のポイントです。

 

コンサルタント
正直コンサルタントの当たり外れはあります。サイトそのものよりもカウンセラーとの相性がイマイチだったと言うケースは事前に避ける事は難しいです。この人はちょっと…という場合は、他の求人サイトも併用して自分にあったカウンセラーにお願いするのも方法です。


薬剤師の転職の現状

 

薬剤師の転職というと、まず考えられるのが、ドラッグストアや調剤薬局から、病院へというパターンです。

 

というのは、病院勤務の薬剤師は、新卒での希望者が殺到するにもかかわらず、求人者数は多くありません。いったん、第二志望以下のところに就職しておいて、途中採用の機会を待っている人も多いでしょう。

 

状況が好転する可能性は低いでしょう。というのは、病院が薬剤師を内部に抱えることはどんどん少なくなっています。多くの病院では、処方せんだけを出して、あとは院外の調剤薬局に任せています。

 

今残っているのは、入院設備があるか、よほどの大規模な総合病院ぐらいでしょう。

 

が、運良く途中採用の募集を見つけても、よくよく状況を見極める必要があります。
勤務状況が厳しいことが少なくないのです。

 

というのは、どこの病院も人件費の削減に熱心で、十分な人数を配置していないことが多いのです。つまり、一人あたりの仕事量が増加傾向にあります。
特に問題になるのが夜勤でしょう。よほどの大規模病院でもない限り、一人勤務になるでしょう。となると、その時間帯の全仕事量と全責任が一人にかかってきます。

 

つまり、入院患者の急変や急患の受け入れの際も、一人で対応する必要があります。

 

また、一部の病院で、専門性の高い薬剤師の必要性が高まっています。この場合、旧来の薬学部4年制時代の卒業生よりも、新制度の6年制の卒業生の方が有利になります。

 

調剤薬局やドラッグストア間の転職でしたら、通常の転職とそう違った注意点はないでしょう。

薬剤師に年齢制限はあるの?

 

薬剤師になる年齢についてです。

 

薬学部の6年のコースを収め、国家試験に合格する必要があります。つまり最年少で24歳です。

 

上限はありません。薬剤師の免許は更新の必要はありませんので、一生有効です。

 

また、力仕事ではありませんし、運動能力も必要ありません。高齢でも続けられる仕事、といっていいでしょう。男女差の少ないのも特徴でしょう。

 

ならば、実際の問題として、何歳までならば、薬剤師となって、実際の職業として役に立つのかです。

 

まず、大学の入学です。私立の薬学部ならば、今、受験人口の減少と理科系離れ、新設大学増加で、とてつもなく広い門です。

 

ただし、入学後が大変です。しかも、理科系は一般的に授業料が高額で、その中でも薬学部は医学部の次ぐらいになります。

 

授業は厳しく、主婦業やほかの職業の傍ら、という程度ではついて行けないでしょう。また、国公立ならば、入学時点でかなりの受験勉強が必要になります。

 

晴れて薬剤師の免許を取り、就職できたとして、給料は20代半ばの新人と同じ扱いです。

 

労力、お金、時間がかなりかかることを考えると、いったん社会に出た後に薬剤師の道を目指すのは、あまりオススメできないのが正直のところです。

 

今は、薬剤師不足が深刻です。ドラッグストアや調剤薬局でよければ就職先には困らないでしょう。

 

が、これには医薬品販売の規制緩和が影響しています。薬を売る場が増えたのです。これは次第に影響が吸収されるでしょう。また、大学設置基準の緩和により薬学部の数が増え、新卒者も増加しています。

 

今から薬剤師を目指しても、卒業の時には環境が変化している可能性も考える必要があります。

薬剤師の役割が増えてます。

 

従来の医療現場では、厳然たるヒエラルキーがありました。

 

看護師、薬剤師、技師は医師の指示の下、手足となって働く、という雰囲気でした。薬剤師などが自分の意見を医師に伝えるのには、はばかられるといったところです。

 

が、近年「チーム医療」という概念が、しばしば取り挙げられるようになりました。医師からのトップダウンだけで、治療に当たるのではなく、それぞれの専門の立場から、かなり平等に近いスタンスで医療に参加する、という考え方です。

 

背景はふたつあるようです。

 

まず、慢性的な人手不足で、医師が疲弊していること。看護師、薬剤師も判断や責任を分担することで、医師の負担を軽減しようというのです。

 

もうひとつは、医師以外のスタッフが、せっかくの知識と経験を持ちながら、医療現場での作業に生かされていないことです。薬剤師も、薬学部が4年制から6年制に移行し、教育レベルも高くなっているにもかかわらず、黙々と処方せん通りに調剤していたり、雑用に追われているようでは、宝の持ち腐れ、というわけです。

 

また、近年の医薬分業の弊害を指摘する声もあります。処方せんだけをもらって、病院の外にある調剤薬局で薬をもらうシステムのことです。これがどんどん普及したせいで、薬剤師が医師らの現場から遠ざかることになりました。

 

やはり、ここにも「薬剤師の能力がもったいない」という考えがあるのです。

 

そう考えてみると、薬に絡む医療事故・医療過誤の防止、医薬品情報の管理など、薬剤師のカバーすべき範囲はかなり広く、単純作業ではすまないでしょう。

医療系転職情報サイト

転職前にお仕事内容や病院の勤務状況などを知りたい方へ。転職全般に関する情報満載のサイトです。看護師、薬剤師、などメディカル系のお仕事探しで成功するために読んでおきたいポイントが満載です。

看護師転職

転職MAQIA

 

 

 

 

 

 

更新履歴